カテゴリー「季節」の記事

2008年7月19日 (土)

梅雨明け

080719tuyuake
昨日は温室の中にいるみたいだったけど…

| | コメント (0)
|

2008年5月 8日 (木)

平安の時代を偲ぶ:藤の牛島

5月6日、サッカーの前に藤を見に行った。昨年は足利フラワーパークまで行ったのだが、1つ年を重ねるとバイタリティーが落ちるのだろうか、今年はそんなに遠くまで足を延ばせず…。また、サッカー場からあまり遠くないところ、というわけで、ここ藤の牛島を選んだ。
足利は商業的に作られた花園という感じで、お客が色々楽しめるようになっているが、ここ牛島の藤は特別天然記念物であるのに、個人の所有であるせいか、素朴な風情がしみじみと良い。
08050801fuji

こういう藤が3本あります。
08050802trunk 

この幹からあれだけの蔓が伸びるのだぁ~。樹齢1200年sign03 酒粕を肥料の一部としているのだそうだ。
08050803fujishower

藤のシャワー。
08050804bee

藤の蜜を狙って、蜂がぶんぶん。それも、こんなに大きい↓ 刺されはしないかとちょっと怖かった。
08050805bees

藤の花と蜂の大きさ、比べてみて。
08050806lookup

藤の間から天上を見る。
08050807iris 08050808rhododendron 08050809unknownflower

藤のほかにもこんな花たちが。左は花菖蒲(多分)。真ん中は西洋シャクナゲ。右はわからないけど、とても可愛いお花。

| | コメント (2)
|

2008年5月 5日 (月)

鯉のぼり競演:祝・こどもの日

080505carp1_2
080505carp2

近頃あまり鯉のぼりを見なくなったように思うが(子供が少ないことを反映しているのか、あるいはもうそういう時代じゃないのか)、ここは毎年、こうやって鯉が泳ぐらしい。友人が送ってくれた2葉は川口元郷駅付近。一度は実物を見てみたい。
080505carp3 080505carp4_2

浦和美園駅のレッズ鯉のぼりと小さな鯉たち。
080505carp5

母が入居している特養の鯉。各フロアの掲示板に兜とともに貼られていて、少し寂しいけれども、きっと入居者はこれで季節を感じるのだろう。母にも「ほら、鯉のぼりだよ」と声をかけると、そちらに眼を向けて、子供のように喜ぶ。

| | コメント (0)
|

2008年4月30日 (水)

人・人・人もまた楽し:つつじ祭り

29日はお日柄もよく、というかお天気もよく、サッカーの前に躑躅見物を。
場所は、文京区の根津神社。早咲きと中咲きが楽しめると聞いたので。
08043001crowds

 ↑
神社前の通りは人人人。可哀想だけど、車が通ろうったってムリムリ。
08043002view

 ↑
神社の脇の塀からちょいと中を覗くと、つつじはいい感じ。でもやっぱり人人人。
08043003azalea_2 

 ↑
中に入ると、意外にも緑が目立つ。花の密度の低さにやや期待をはずされたのと(数年前に行ったときは終わりに近かったせいか、もっとがっかりした)、あまりの人の多さに、つつじ苑は下から見上げるだけにして、境内を散策した。
08043004torii 08043004torii2

 ↑
<
乙女稲荷>に通じる鳥居鳥居鳥居。
08043005renards
 ↑
乙女稲荷の先にある<駒込稲荷>の狐さんたち。忠信キツネさんはいるわけないよね。
08043006hulagirls

 ↑
奉納舞台での出番を待つフラガールたち。
08043007azaleatortoise 08043008tortoises 

 ↑
あっ、こんなところに亀ちゃんがheart04。おお、亀蔵さん、亀三郎さん、亀寿さんと揃い踏み。
この亀さんたち、ずっと石の像だと思っていた。帰り際別れを告げに行ったら、中のひとり(?)がぐいっと首を上げたので、ややっ本物だsign03とわかった次第。
08043009azaleaontheroad 08043009azaleaontheroad2

 ↑
根津裏門坂の植え込みに咲く可憐なつつじ。結局、あまり人のいない外でアップを撮った。
08043010slope

 ↑
千駄木一丁目の階段坂。私が生まれた町の近辺にもこういう坂があったから懐かしい。

張り切って何十枚も写真を撮ったのに、人波と時間に押され、コレと思う写真が全然ない(ウデは棚に上げている)。ところによってはラッシュアワー並みの混雑に半分ウンザリしながらも、やっぱりお祭りだもの、人人人でなければつまらない。何軒も出ている屋台から漂うチープな匂いに空腹感を掻き立てられ、下町生まれの血がちょっと騒ぐ。とはいえ、寄る年波には勝てません。かなり疲れた。

| | コメント (2)
|

2008年4月25日 (金)

可愛い奴ら08年-1

080425blueberry
ちらっと白い顔が見えたので庭の雑草を取り除いたら、ブルーベリーがこんな可愛い花をつけていた。昨年2本植えたうちの1本。もう1本は手入れの悪さからか、ダメになってしまったみたい。頑張ってくれている姿が愛おしい。

| | コメント (2)
|

2008年4月16日 (水)

春だから…春なのに…

080416couple1
080416couple2
080416couple3_2
080416couple4_2
私は
 ↓
080416couple5_2 

| | コメント (0)
|

2008年4月 7日 (月)

明日じゃ遅い

遅きに失した感もあるけれど、天気を考えたらぎりぎりセーフでしょう。でもやっぱり、青空の下ならもっときれいに映えたのに、と思うと残念。

08040701sakura
08040702sakura
花びら流し

08040703sakura

これは、「風林火山」観劇記念に買ったお酒。見づらいけれど、ラベルには「信玄と勘助」と書いてある。スッキリと爽やかな飲み心地です。

08040704sake

| | コメント (2)
|

2008年3月30日 (日)

桜競演

080326ikebukuro_2

時計と桜(3月27日池袋日之出町公園)
080327asukayama4

夕陽と桜(3月26日飛鳥山)
080327jimoto

水面に映る桜(3月27日地元)
080329nakamise

仲見世の桜(3月29日浅草、本当は伝法院の桜)
080329tamanegi

玉ねぎと桜(3月29日靖国通りから)
080329tidorigafuti1

コントラスト(3月29日千鳥ケ淵)
080329tidorigafuti2

舟遊び(3月29日千鳥ケ淵)
080329hanahubuki

風に舞う花びら(3月29日靖国鳥居、だいぶひらひら落ちていた。明日の天気次第では…)
080329komainu

狛犬も花になごむ(3月29日靖国神社)

おまけ
080329gyoretu

千鳥ケ淵緑道に入るのに田安門の手前あたりから30分近くも行列した。去年も辛抱強く並んだことを思い出した。

| | コメント (2)
|

2008年3月22日 (土)

彼岸

墓参りに行った。芝居ばかり見ていたのではご先祖さまに申し訳ない。爽やかな午後だった。
080322
080322shinrinyoku

森林浴
080322inochi

古木の幹に咲く命
080322ashi

足…

| | コメント (2)
|

2008年3月 3日 (月)

夜梅と天神

先日亀戸天神の梅を見たら、やっぱり湯島にも行きたくなり、夜梅見物と洒落込んだ。日曜日だし、昼間はさぞ賑わったことだろう。亀戸とはまた違った趣の湯島の白梅はしかし、まだ少し早いと見えて、全体には意外に寂しかった。梅祭りは8日まで。
080302yushima1
080302yushima2
080302yushima3
080302yushima4
080302yushima5
080302yushima6

幻想的に浮かび上がる本殿の後ろはマンションか。
080302yushima7


男坂、女坂とは別に、春日通りから境内に上がる門。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧