« 2020年8月 | トップページ

2020年9月

2020年9月18日 (金)

配信版「新薄雪物語」

4月17日16:00~26日23:59:59の三月歌舞伎座舞台収録映像公開期間中、まとまった時間が取れないピークで、せっかくのチャンスで見られたのは「新薄雪物語」の一部のみ。肝心の三人笑いを見逃すという間抜けさ。一番楽しみにしていた歌舞伎座だったのに。悔しくて悔しくてしばらく引きずったけれど、そのうち諦めもつき、執着心とか何かしたいというような気持ちがどんどん失われていって…。

「新薄雪物語」(歌舞伎座)
画質も音質もよい。ふだん三階席からは見られない花道がちゃんと見られたのもありがたい。それなのに、全部見られなかった後悔…。
孝太郎さんの声がいつもより聞きやすかった。
子供たちが大変なことをしでかしたことがわかった時の親の気持ち。息子をもつ父親としての仁左様の表情に息子への愛情と覚悟が窺える。左衛門(幸四郎)が意趣ある者の仕業と口走ったときの「なぜ切腹せぬか」と迫る厳しさは、男子の父親の厳しさを見せてつらかった。
吉右衛門さんにも、大変なことになったという表情の裏に娘への愛情を感じた。
父親2人が同じ気持ちでいることがわかって、より切ない気持ちになった。仁左様は息子の嫁となるべき薄雪をかわいく思っただろうし、吉右衛門さんは左衛門を我が子のように思っただろう。互いに大切な子供たちを預かる厳しさと愛情が胸を打った。
仁左衛門「そこもとなあ」、吉右衛門「互いに」、仁左衛門「互いに」、がお互いの腹を知り合っている親同士の言葉として、この先の展開を期待させた。
梅玉さんは柔らかいながら毅然としたところ、温情を隠しながらの捌き役が合っていた。
「広間」では、仁左様の嫁可愛さが胸に迫る。なんとか2人を添い遂げさせてやりたい、救いたい、それなのに薄雪は左衛門と一緒でなくてはイヤと言う。心を鬼にしての「縁を切る」は、本当に子どもたちを思う真心に満ちていた。薄雪のわがままにはちょっと腹も立つが、恋する若い娘の思いとしては理解できなくはない。
左衛門の首を斬ったという使者の言葉に受けた衝撃、悲しみ、恨みの激しさ、左衛門を切ったという刀を眺めて伊賀守の真意に気づく場面は圧巻。伊賀守は兵衛を信じていただろうし、兵衛もここで再び伊賀守を信じる。ここに伊賀守はいないけれども、そういうことがわかる気がした。
葵太夫、吉右衛門、仁左衛門と人間国宝が3人そろって見ごたえがあった。
「合腹」は、吉右衛門さんが花道の出で2度立ち止まり、扉を開けるのに苦しそう、座敷になかなか上がれない、右足の草履を脱げないまま上がり、上がってから手でちょっと脱ぎ捨てるようなしぐさの自然さ。
と、ここまでで時間切れ。本当にガックリ。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

配信版「義経千本桜」

国立の「義経千本桜」はチケットを取っていなかったので、映像配信があるのはありがたかった。ところが、編集でところどころカットされていて、とても残念、すごくモヤモヤした。
本筋にあまり関係ない部分が削られているようだったが、お銀の亭主自慢とか、魚尽くしとか、弥助の出とか、けっこういい場面がないのである。画面が急に変わることもあって、物語の世界に入り込みきれない。お芝居というのは骨格だけでは成り立たない、人物の性格や暮らしぶり、細かい状況がわかるような場面があってこそなのだと、改めて思った。まあ、しかし配信上のいろいろな制限もあるのかもしれない。配信期間は4月6日~4月30日15:00と長くてありがたかったが、結局全部は見られなかった。菊之助さんはじめ出演者の無念を思うと、全部を見られなかった私が不満を言ってはいけない。

「義経千本桜」(国立劇場大劇場)
主に見たのは「渡海屋」「大物浦」、Bプロ(「椎の木」「小金吾討死」「鮓屋」)、「河連法眼館」。
権太の母親役・橘太郎さんは、権太が訪ねて来たとき、勘当されたのになぜ来たかとなじりながらも権太可愛さが溢れていた。そういうあなたが権太をダメにしたんじゃないのと思いつつ、それもわかるよな~…。
梶原がよこした小袖の場面はなかった。維盛はそのままの衣裳で旅立つ。
狐忠信の出は何度も見ているのに、花道が映ったのと「出があるよ」の声で、思わずスッポンに目をやってしまった。すぐに気づいたけれど。
ラストは荒法師は出てこないで、狐が鼓を持って法師たちを追いかける感じで花道を引っ込む。

見た後、忘れないうちにざっとメモっていたのだが、今自分のメモを辿ると、本当にそうだったっけとかなり記憶から飛んでいる。もっと色々感想もあったはずなのに、メモにない。
ちなみに、動画は15時に突然切れるものと思っていたら、視聴中のものは期限を過ぎても見ていられた。歌舞伎座もそうだったのかしら。だとしたら、期限直前にアクセスすればよかった。

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

配信版「新版オグリ」

三月の公演はコロナのためにすべて中止になってしまったが、無観客で収録した動画が松竹チャンネルで4月に期間限定、無料で配信された。とてもありがたかったのに、ちょうど忙しくなってしまい、一番見たかった歌舞伎座がほとんど見られなかった。すっかりくじけて歌舞伎への意欲も失われ、感想アップもできなかったけれど、やっぱり自分の記憶のために残しておこうと思う。もう半年近くも経って間抜け感大なうえに中途半端ではあるが。

「新版オグリ」(フルバージョン)(南座)
演舞場で見たのは隼人さんのオグリだったので、今度は猿之助オグリを楽しみにしていたが、配信期間が4月13日16:00~19日23:59:59と短いうえ、あまり時間がなくて細切れで数回に分けて見た。
残念なことに画質も音質もよくない。

オグリと照手は、カップルとしては猿之助さんより隼人さんのほうが似合っていると最初は思ったが、第三幕では猿之助さんともお似合いだった。猿之助さんは先代に似ている--先代の芝居はほとんど見ていないけれどそんな気がした。餓鬼病みになったオグリと照手の再会(照手はオグリと気づいていない)におけるオグリの「会いたかった、会いたかった、会いたかったぞぉ」の叫びには泣けた。「夫に会ったことをさぞ後悔しているでしょうね」と言うオグリ、照手の気持ち、それを聞いて涙ぐむオグリ、ここも泣けた。このコロナの時期、餓鬼病みのオグリの悟りは心に響いた。薬師如来に抱かれるオグリは安堵して子供のようだった。この場面は隼人さんでも大いに感動したものだが、今比べてみると、隼人さんのほうが現代的な感じだったか。
照手の新悟さんはやはり透明感というか清新さがいい。気持ちの美しさを真っ直ぐに表現して嫌味なく、素直にこちらの胸に届く。アップで見るその表情のやさしさ、餓鬼病みのオグリを抱く姿は母の姿であった。
隼人さんの遊行上人は若いのでどうかなと懸念したが、堂々としてなかなかよかった。
宙乗りは、演舞場ではオグリと遊行上人が上手・下手で同時に馬に乗っていたが、南座ではオグリが鬼頭長官と2人で一頭の馬に乗っての宙乗りだった。
猿三郎さんと弘太郎さんの客席いじりでは、誰もいないことに「せっかくええお芝居しているのにもったいないなぁ」という猿三郎さんのセリフに思わず頷いた。スーパーリフトバンドの用意を促す鬼頭長官のテンションも、客がいたら盛り上がっただろうに。カーテンコールははじめちょっとむなしい気がしたものの、出演者全員の心が伝わってくるようで、みんなに拍手を送った。


| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ