« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月22日 (金)

見ました2015年4月

4月の「見ました」は以下の通り。観劇より美術展月間になった。

観劇
12日 1630 四月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座) 31037
新・鴈治郎襲名披露公演。鴈治郎さんがとてもよかった。
19
日 1100 四月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座) 31024
藤十郎さんが素晴らしい。写真入り筋書き、12日違いで入手し損ねた。
26
日 1100 陽春大歌舞伎(平成中村座) 2階右23
勘三郎さんが息づいている中村座。

鑑賞
4日 「みちのくの仏像」(東京国立博物館本館)
5日までの会期ぎりぎりで鑑賞。わずか19体ながら感動の展示であった。
9
日 「片岡球子展」(東京国立近代美術館)
富士山ばかりだと思っていた球子の色々な絵が見られて、とてもよかった。「面構」は面白い。
20
日 「ルーヴル美術館展」(国立新美術館)
風俗画展なので興味深い絵がたくさん。目玉はフェルメール「天文学者」。コナン君がガイドするという音声ガイドを借りず失敗。
22
日 「ボッティチェリとルネサンス」(Bunkamura ザ・ミュージアム)
経済の発達とからめた展示は大変興味深かった。「聖母子と洗礼者ヨハネ」は門外不出だったそうで、もっと意識して見ればよかった。
28
日 「鳥獣戯画」(東京国立博物館平成館)
初日の鑑賞。行列はできていたものの順調に入ることができて油断していた。「鳥獣戯画」は
1時間も待って鑑賞は数分。第二会場から先に見るべきだった。でも私が出た時にはもっと行列だったからいい方かも。
28
日 「インドの仏」(東京国立博物館表慶館)
かなりよかったが、鳥獣戯画の疲れが…。


| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »