« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月17日 (金)

見ました12年7月

7月の「見ました」は以下の通り。暑さ疲れでまとめもすっかり遅くなってしまった。
観劇
 2
日 1300 「天日坊」昼の部(シアターコクーン) 1FXA19
千穐楽が見たかった。
 4
日 1645 七月大歌舞伎夜の部(新橋演舞場) 2F214
猿翁登場に感激最高潮。黒衣の正体にも涙。
 6
日 1100 七月大歌舞伎昼の部(新橋演舞場) 3F左列22
舞台の半分が見えなくても、ヤマトタケルの世界を楽しんだ。
 9
日 1300 松竹大歌舞伎昼の部(巡業・練馬文化センター) 1FC20
12
日 1430 歌舞伎鑑賞教室「毛抜」(国立劇場大劇場) 3124
15
日 1330 子供のためのシェイクスピア「ヘンリー六世III」(あうるすぽっと) B3
15
日 1800 子供のためのシェイクスピア「リチャード三世」(あうるすぽっと) A8
17
日 1630 「男の花道」(ル テアトル銀座) 1F222
19
日 1300 松竹大歌舞伎昼の部(巡業・東京エレクトロンホール) 1F520
23
日 1330 「しみじみ日本・乃木大将」(さいたま芸術劇場) 1FF8
29
日 1645 七月大歌舞伎夜の部(新橋演舞場) 1F201
すぐ後ろで團十郎夫人・海老蔵夫人が観劇。ちょっと緊張した。

鑑賞
13
日 マウリッツハイス美術館展(東京都美術館)
13
日 ベルリン国立美術館展(国立西洋美術館)
20
日 ルーヴル美術館からのメッセージ「出会い」(宮城県立美術館)
無名の作品が多かったが、感動的であった。岩手・宮城・福島と3県を巡回するこの美術展は、意外に人気が高いようで、地方でこうした美術展が行われる意義を強く感じた。とくに福島の美術館は先行きが深刻なようであり、こうした展覧会がこれからも行われることを望みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »