« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月 7日 (水)

見ました6月

6月の「見ました」は以下の通り。歌舞伎公演が2つしかなかったのと、歌舞伎に対する熱意がやや燃え尽きた感がして、ずいぶん寂しい1カ月となった。見たい映画も何本かあっていいチャンスだったのに、それすら出かけなかった。まあ、体力・気力回復期間と考えればいいか。

観劇
7
日 1300 「佐倉義民傳」(シアターコクーン)2F下手側バルコニー席前方
重かった。史実に基づいているのだから、余計重かった。ただ、この重い芝居を最後まできちんと見ることができたのは、コクーン歌舞伎のおかげだったと思う。帰りに宗吾の像に手を合わせる。千穐楽のチケットを狙おうという気持ちが萎え、この1回の観劇のみに。
10
日 1330 「ムサシ」千穐楽(さいたま芸術劇場)2F上手サイド2
ロンドン・NYバージョン。小次郎が小栗旬クンでなかったので見るつもりはなかったが、井上ひさし氏急逝のため急遽観劇を決定。座席があまりよくなく、舞台上手側は見えない部分があった。小次郎はやっぱり旬クンのほうがよかったな。
14
日 1430 歌舞伎鑑賞教室「鳴神」(国立劇場大劇場)3F8列上手寄り
「歌舞伎のみかた」も面白かったし、愛之助・孝太郎のコンビがとてもよかったので、もう一度見たい気持ちはあったが、先述したように燃え尽き感があって、1度きりに。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »