« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月 2日 (火)

5月演舞場

5月演舞場
小さい写真で、わかるかどうか

携帯でエントリーしたのだけど、写真はこんなふうに掲載されちゃうんだ。せっかくなので、みっともないけれど、このまま残しておきます。顔を90度傾けて見てね

| | コメント (0)

2010年3月 1日 (月)

見ました2月

2月の「見ました」は以下の通り。たった3本。
というのも、元々の予定は4本だったのだが、9日に父が緊急入院。23日永眠。ということで、歌舞伎座夜の部千穐楽は通夜、シャンハイムーンは事後処理のため行かれなかった。歌舞伎の夜の部はこういうこともあろうかと、戻りチケットで先に見ておいて正解。
たったの3本ではあるが、これが普通なのかも…。そうだよね、父が自宅で暮らしている間、父に留守番を頼んでさんざん観劇したけれど、出歩いてばかりでずいぶん寂しい思いをさせたかもしれないと、今父にそっと詫びている。でも、昨年11月からの父の闘病生活にはほとんど毎日欠かさず面会に行き、最後の2晩は苦しむ父のそばで見守ることしかできなかったけれど、そばについていてあげられてよかった。
ただ、2月唯一最大の心残りは、亀鶴さんの現代劇「かげぜん」を見られなかったこと。

観劇
3
日 1100 二月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)31列上手
豆まき狙いの3日観劇。初めて見る「爪王」に感激。「俊寛」を少し好きになった。「口上」では先代の人柄を偲ぶ。「ぢいさんばあさん」に泣く。
8
日 1630 二月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)3F2列やや下手寄り
「高坏」はタップが楽しい。「籠釣瓶」堪能。
この翌日夕方、父が緊急入院した。

17日 1400 なにわバタフライN.V(シアタートラム)1FG列上手
父の状態が少し落ち着いてきたのと、歌舞伎と違って上演時間が短いので、思い切って観劇。戸田恵子の魅力たっぷり。
25
日 1630 二月大歌舞伎夜の部千穐楽(歌舞伎座)32
通夜のため幻の千穐楽。
28日 1330 シャンハイムーン(サザンシアター)1F7
葬儀が終われば、と事前には行く気十分だったが、事後処理に追われたのと、まだ観劇気分に至らず、放念。

| | コメント (6)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »