« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月 6日 (土)

見ました2010年1月

1月の「見ました」は以下の通り。前半はドタコンでほとんど出かけなかったため、後半に集中した(11月とまったく同じ)。時々現実に戻って、1カ月にこれだけ使えるということは1カ月にこれだけ貯金できるということなんだわ、と思う。老後の貯えなんてな~んにもない私は、長生きのDNAを持っているだけにとても不安。芝居という財産も大事だけれど、現実の財産がなかったらそれだって蓄えられないんだわ。
観劇
2
日 1100 初春花形歌舞伎昼の部初日(新橋演舞場)31列やや上手寄り
「黒塚」に満足。
3
日 1200 旭輝黄金鯱初日国立劇場大劇場1F1列センター
大凧乗り、金鯱観音、本水の立ち回りと文句なく楽しむ。
12
日 1200 旭輝黄金鯱国立劇場大劇場2F6列ほぼセンター
再見。上から見るのも乙なもの。
15
日 1100 初春大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)31列センター
「梶原誉石切」から。「勧進帳」のトリオが素晴らしい。松浦の殿様も面白かった。
16
日 1530 浅草歌舞伎第二部(浅草公会堂)1Fお列やや花道寄り袖萩に泣き、悪太郎に笑う。亀治郎・亀鶴コンビが絶妙。急遽入れたため、4連チャンになってしまった。
17
日 1600 初春花形歌舞伎夜の部(新橋演舞場)1F4列花道脇
早替りの見事さ。花道脇で海老ちゃん堪能。押し戻しで本当に汗が飛んできた。花道脇は45列あたりが最高。
18
日 1100 花形歌舞伎昼の部(新橋演舞場)1F1列センター
再見。夜の部の終演が遅いので、翌日の昼の部は朝がつらい。ちょっと失敗。しかし「黒塚」もよかったし、初日にイマイチだった「鏡獅子」の迫力に大々満足。
20
日 1640 初春大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)3F1列上手

評判どおりの「車引」の見事さ。こんな素晴らしい歌舞伎を見ることができる幸せ。
23
日 1100 浅草歌舞伎第一部(浅草公会堂)3Fは列センター
手すりが視野に入り、よく見えなかった。「御浜御殿」は意外と期待はずれ。その中で亀鶴さんの江島がよかった。
23
日 1530 浅草歌舞伎第二部(浅草公会堂)1Fえ列センター
再見。全体に第二部のほうが出来がよかったように思う。
26
日 1600 初春花形歌舞伎夜の部千穐楽(新橋演舞場)2F1
再見。弾正の空中闊歩狙い、3階が取れなかったため取った席だが、花道がほとんど見えなかったのが難。でもやっぱり最高だった。
27
日 1200 旭輝黄金鯱千穐楽(国立劇場大劇場)1F1列センター千穐楽バージョンか、菊水がさかんに飛んできた。楽しかった。
28
日 1500 獅子虎傳阿吽堂(世田谷パブリックシアター)1FD列正面下手寄り
「高砂」歌唱教室があり、歌詞がわかったことで能を少し面白く見ることができた。三兄弟の話はいつも引き込まれる。林英哲の太鼓が腹に響いた。
30
日 1330 蜘蛛女のキス(芸術劇場中ホール)2FA列上手
石井一孝がモリーナその人で、心が震えるような感動を覚えた。金志賢の圧倒的な歌声に打たれる。浦井健治は逞しくなったがピュアさは失われず。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »