« 鼓に「おお~」:歌舞伎の見方 | トップページ | 川? 河? »

2008年7月 8日 (火)

親子初役の千本桜

77日 歌舞伎鑑賞教室「義経千本桜 河連法眼館の場」篇(国立劇場大劇場)

歌昇さん初役の狐忠信。種太郎クンも初役の義経。この親子がまともに渡り合う芝居はこれまであまりなかったんじゃないかなあと思っていたら、やはりそのようで、解説書で種太郎クンが、「今回はバッチリ父と組み合える、ただ父は父で大変だろうから、心配かけて足を引っ張らないようにしたい」と語っている。
種太郎クンは最近私にとって注目の若手だからだろうか、これまで義経のセリフってそんなにないと思っていたのが案外よく喋っていて、認識を新たにした。若い義経サンは、教科書的かもしれないが丁寧な演技の中に、品格も大将としての大きさも窺えた。

実は私、暑さボケのせいか、オペラグラスの存在が頭の中にまったくなく、隣の方が出したのを見て初めて「あ゛~っ」と思い出したくらいで。私の視力では舞台の上の人物の顔はそれほどよく見えない。失敗したなあ、と後悔しきりだったが、そのおかげで、というか普段なら大きな目のインパクトに吸い込まれてしまう高麗蔵さんの女方が全体としてつかめたのは収穫だった。高麗蔵さんの動きには近くで見ていてはわからなかったなよやかさがあり、若い種太郎クンとのコンビにも違和感を覚えなかった。

歌昇さんは、まず本物の忠信での登場が押し出しよく、立派。狐はやや敏捷性に欠ける気がした。一つ一つの動きは綺麗なのだが、まだ身のこなしを完全に自分のものにしていないという感じだろうか。そこを歌昇さんの表現力とポイントポイントの形のきれいさで押し切って、けっこう納得させられる。
ただ、音羽屋型の狐だからそれほど派手さがないのはわかっているのだが、それ以上に全体に地味感が拭えなかった。そのせいか、眠りこけている学生が相当数いたように思う。最前列でが~っと寝込んでいて、ケレンに拍手や歓声が沸くと「なに、なに?」という感じで辺りを見回す姿を見ると、もったいないなあと残念だ。そういう私も、前半動きの少ないところではちょっと寝たから、あまり人のことは言えない。

<上演時間>「歌舞伎の見方」30分、休憩20分、「河連法眼館の場」80

おまけ:ココで、「河連法眼館の場」に使われている仕掛けを見ることができる。タネを知る面白さは満足させられるが、そのいっぽうで知らないほうがよかったかも感もちょっと湧いた。

ところでサミットにより都内も厳戒態勢。永田町駅では警備のおまわりさんの姿をたくさん見た。写真は半蔵門駅。このあたりにも2人ほどいたおまわりさん。最近ピントの甘くなってきたカメラをいつまでも構えていると怪しまれそうで、ドキドキしながら大急ぎで撮影した。
080708summit1 080708summit2

|

« 鼓に「おお~」:歌舞伎の見方 | トップページ | 川? 河? »

歌舞伎観劇記」カテゴリの記事

コメント

歌昇丈、大好きですので、早く萬屋狐に会いたい~…と思っているところです。そして今、「おまけ」にリンクしていただいている先へ行って、たくさん遊んで(?)来ました。バックステージツアーみたいで、楽しいですね。
歌舞伎の見方編も、本編も、SwingingFujisan様のレポ、楽しく拝見させて頂きました。歌舞伎座と、国立劇場で、澤瀉屋方、音羽屋方を見比べるのも、今月の楽しみですね! 

投稿: はなみずき | 2008年7月 8日 (火) 21時04分

はなみずき様
コメントありがとうございます。
私も歌昇さん、だ~い好きです。子狐の哀れさも十分感じましたし、もう何日かすれば、動きもご自分のものにされて、とてもいい狐さんになると思います。お楽しみに

歌舞伎の仕掛けって、実によくできていますよね。こうして仕掛けを見ると、狐忠信は演技だけでなく、裏方さんと息を合わせてそれを使いこなす大変なお役なんだなあと改めて感心しました。

そうそう、そうですよ。今月歌舞伎座では澤瀉屋型の狐さんなんですよね。弁天小僧、毛谷村、狐忠信、と、ここのところ同じ演目が続きますね。見比べるには記憶が新しくていいのかもしれません。

投稿: SwingingFujisan | 2008年7月 8日 (火) 21時39分

厳戒態勢は都心および現地・北海道だけかと油断していたら、大阪でもコインロッカーが使えませんでした。こちらはサミット期間中のみのようでしたが(地下鉄なんば駅です)。松竹座へ身軽にすいっと入ろうと思ってたのに、結局、荷物を抱えて行ったのでした。もちろん、松竹座のコインロッカーは大丈夫でしたけどね。100円だし

投稿: きびだんご | 2008年7月 9日 (水) 21時46分

きびだんご様
コメントありがとうございます。
大阪でも、とはちょっと驚きですが、大都市は全部警戒態勢にあったのでしょうかしらね。何が起こるかわからないご時世ですから仕方ありませんね。
松竹座、見ごたえありそうで、羨ましいでございます。

厳戒態勢が体制になっていた きびだんご様のコメントで、我が間違いを発見しました。訂正します。

投稿: SwingingFujisan | 2008年7月 9日 (水) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鼓に「おお~」:歌舞伎の見方 | トップページ | 川? 河? »