« しっとり新派 | トップページ | やっと今月初歌舞伎座 »

2008年6月20日 (金)

演劇の力

友人が貸してくれた「名セリフ!」(鴻上尚史著、文藝春秋刊、2004年)。洋の東西を問わず、さまざまな芝居から鴻上さんがコレと思ったセリフを鴻上さんの切り口で紹介している。
その中の一節に語られているエピソードは、私が見た芝居にまつわるものだったので、以下、鴻上さんの受け売りでご紹介する。
民間と違って官の劇場というのは、非常に制約が多い。なぜなら、演劇が好きで公立の劇場・ホール勤務になった人は少なく、自分の勤務中は何の問題もなく終わらせたいと願っている場合が多い。したがって、制約だらけになる。舞台に傷がつくのを神経質に気にする(だから釘1本打てない)、時間きっちりに電源を落とす、客席に下りての演技は前例がないから認めない。鴻上さんはそういう劇場と常に戦い続けている。
ところが、ある地方で、とても協力的なスタッフと出会った。演劇人は新しいこと、すなわち前例のないことをやりたがる、するとスタッフとモメがちになる、しかしそこでは演劇を尊重しているように思われた。感動した鴻上さんは理由を聞いた。
先日、この小屋である芝居を見たんです。ほとんどの者は劇場でちゃんと芝居を見るのは初めてでした。それがとても感動的で、以来この劇場のスタッフは演劇を大切にしようと思ったんです。
なんというお芝居だったんですか?
「父と暮らせば」というお芝居です。

「…僕が、演劇の力を信じてもいいと思うのは、たとえばこんな瞬間です。」

鴻上さんは、こう結んでいる。

|

« しっとり新派 | トップページ | やっと今月初歌舞伎座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しっとり新派 | トップページ | やっと今月初歌舞伎座 »