« いろんな歌舞伎が見られて幸せ | トップページ | 近頃とみにオバ化現象・4 »

2008年6月28日 (土)

堕落のチーム

628日 対柏レイソル戦(国立競技場、1902キックオフ、36,785人)→2対1で敗戦
080628vskasiwa1 080628vskasiwa2
芝居、介護、仕事、家事(この順)でさすがに月末ともなればくたびれてきたオバサン、今日はあまり出かけたくなかったが、チケットがもったいないかな、というので反省会はなしという条件で出かけた。

埼スタは瓶缶のみ禁止だが、国立はペットボトルも禁止。持ってこなくてよかった。入口でチケット切ってもらった後、選手カードをもらおうと手を出しかけて、「ああ今日はアウェーだっけ」と気がついた。久しぶりのサッカーだし、埼スタと違って国立はピッチの周りにトラックがあるからはじめのうち何となく観戦感覚がびしっとこなかった。

しかしひどいチームになっちまったものだ。使えないFWを先発・フル出場させたり、本日の出来が悪くてもちっとも交代させなかったり。オジェックに代わった当初のエンゲルスはどこへ行った? 指揮官が指揮官なら選手も走らない、動かない、攻める気がない。守りは相手のシュートコースを作ってあげているのかっ。もう呆れるのみ。柏に何度攻め込まれたことか。都築の好セーブとポストやポールに助けられたから2点の失点ですんだようなもの。
夕張キャンプで何してきたんだ。メロンばっかり食べていたという話もある(夕張の経済活性化に協力することに対して文句を言うつもりはない)。危機感はまったくないのか。
今日はポンテにサントスが初先発ということで期待したのだが、ポンテはともかくサントスは前半15分、ピッチに倒れてそのまま相馬と交代。だいたい、相馬は試合開始直後から1人、ずっとアップしていて、ってことは、サントスは最初からあまり調子がよくなさそうだ、こりゃかなり早めに交代だな、と睨んでいた。そこへたまたまアクシデントが起きたわけだが、そんな不調な選手、最初から無理して使うことなかったじゃん、と私はブーブー。
去年、ワシントンに対してさんざん悪態をついたけれど、エジミウソンはもっとどうしようもない。シュートはしないし、してもはずせばユニフォームの裾を齧ってテレている。そんなエジを見ていたら、ワシなんかずっとずっと素晴らしいFWだった。ワシに「ごめんね」と謝りたくなるくらい。高原も1回だけいいところを見せたけれど、リーグ戦無得点のFWではいくら高原びいきの私でもかばいようがない。ハーフタイムにはブーイングに続きゴール裏のサポ席から永井コールが出るほど(永井はサブなんだよ。そのサブの選手へのコールをするサポーターの気持ち、監督わかる?)

080628uniform 今日、無理してでも見に行ったのは、一つには私のユニフォームデビューでもあったから。大好きだった伸二のユニフォームでさえ買わず、Jが始まって以来実に初めて買ったユニフォームが21番。これは去年のワシの番号であり、みんなにからかわれるけれど、今年は梅崎司の番号なのだ。せっかく買ったらとたんにJリーグは1カ月の休み。アウェーだけどやっぱり今日着たいよなあと思った。それなのに梅崎はサブ。目の前で一番熱心にアップを続けていた梅ちゃんが呼ばれたのは後半35分。たった10分強の出番だったけれど、ユニフォームを着た甲斐があった。ところが、その梅ちゃんが奪われたボールで柏が決勝ゴールとなる2点目を決めてしまった。苦いデビューになっった。でも、梅ちゃんは一生懸命動いていたと思うよ。シュートも1本打ったし(ど真ん中だったからなあ)。
ま、この先もこの調子なら、落ちるところまで落ちるな。
080628vskasiwa3
ていうか、EURO2008とか見てると、Jのサッカーなんておもちゃみたいだ。その中でもレッズのサッカーなんてサッカーじゃないよ、って言いたくなる。

|

« いろんな歌舞伎が見られて幸せ | トップページ | 近頃とみにオバ化現象・4 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いろんな歌舞伎が見られて幸せ | トップページ | 近頃とみにオバ化現象・4 »