« 楷書の演技「神霊矢口渡」 | トップページ | 脳内整理の歌舞伎入門展 »

2008年6月 9日 (月)

お大事に、段治郎さん

昨夜なにげなく、パルコ劇場のHPにいって驚いた。段治郎さんが8月の二十一世紀歌舞伎組「新・水滸伝」への出演をとりやめたというのだ(ココ)。膝に慢性的な炎症を抱えているらしい。あわてて段治郎さんのHPを見たら、やはり休演のお知らせが出ていた。いつ出た情報なんだろう。全然気付きませんでした。
今月は、「ヤマトタケル」4カ月公演の最後を飾る月。段治郎さんも中日劇場でタケルとタケヒコを熱演してるんでしょう。痛みに耐えながら演じてるんだろうか。 体が大きいから膝への負担も大きいのかもしれない。
「新・水滸伝」休演はとても残念だし、症状が心配でもあるけれど、ダメージがひどくならないうちに治療に専念してください。そしてあのスケールの大きな端正な演技をまた存分に見せてくださいね

|

« 楷書の演技「神霊矢口渡」 | トップページ | 脳内整理の歌舞伎入門展 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楷書の演技「神霊矢口渡」 | トップページ | 脳内整理の歌舞伎入門展 »