« 2007年歌舞伎千穐楽 | トップページ | 年末:働くおばさん »

2007年12月29日 (土)

朝三暮四

年末に預ったいくつかの仕事、とても終わりそうにないので、恐る恐る締め切りを延ばしてもらえないか問い合わせた。すると、どの担当者も「大丈夫ですよ~、年明けでけっこうですよ」といったノリで、あっさりOKが出た。そういえば、たいてい今日から休みか。
これで安心して、まだ残っている掃除や、娘たちの相手、毎年恒例の煮物つくりができるぞ。
と、ここでハタと気がついた。年末にやろうが年始にやろうが、仕事の量が変わるわけじゃない。むしろ年始のほうが仕事できない気配が大きい。なぜならバラエティ好きの私、正月のくだらない番組をあれこれ見て、あちこち初詣に行って、お屠蘇で眠くなって、と正月気分を満喫しそう。結局アッという間に無為な日々が過ぎていたということになるに決まっている。それだけではない、歌舞伎もある(♪早く来い来い、お正月)。
おまけに、最初から「年明けにお願いします」という仕事も次々入っていて、机の脇のボックスは文字通り仕事が山積。歌舞伎の資金稼ぎもしなくちゃならないが、<徹夜で仕事→芝居で居眠り>の本末転倒悪循環に陥りそう。
いや、社会に必要とされているのは本当にありがたいことです。

|

« 2007年歌舞伎千穐楽 | トップページ | 年末:働くおばさん »

私って…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2007年歌舞伎千穐楽 | トップページ | 年末:働くおばさん »