« 温かい哀しみ:「ブラフマンの埋葬」 | トップページ | 日課になるか »

2007年10月 5日 (金)

3億年の闘い

少々汚い話なので、そういうのが苦手な方は飛ばしてください。

燻煙式殺虫剤をたいた。ここ何年も見なかったゴキブリ(書いただけでor入力しただけで、口にしただけで、見ただけで、聞いただけで、いや~な気持ちになる名前だ)を今年は時々見かけるようになった。そこで夏に1回たいたのだが、以前にやったときは即死骸を何匹か発見したのに、この夏はゼロ。そのときから怪しいとは思っていたのだ。そうしたら、又最近、ちょくちょくヤツらが出てくる。こりゃたまらん、と思い(うち、そんなに汚いか~)、今日再びたいたわけである。

こういうのって、食器や食品、衣類や布団に薬がかからないように準備するのも大変だけど、終わった後のほうが大変。家じゅう掃除機をかけ、雑巾掛けをして、出したものを元のところへしまう(これ、元々苦手だから、よけい大変)。プチ大掃除ってところだ。2日も続けて掃除しちゃった、この私が!!!  

ところで、やっぱり「私って…」。準備万端整えたつもりだったのに、ティッシュとペーパータオルを避難させ忘れた。これ、夕食の準備中に気がついた。ティッシュは上のほうの何枚かを捨てれば大丈夫かもしれない(この後、恐る恐る使うことになるだろう)けど、ペーパータオルはダメだな。まだ半分くらい残ってるのに……。もったいないから、ガス台を拭いたりするのに使おうかな。

ところで、今回もヤツらの死骸を見ないのよね。ってことは~。

|

« 温かい哀しみ:「ブラフマンの埋葬」 | トップページ | 日課になるか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

私って…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温かい哀しみ:「ブラフマンの埋葬」 | トップページ | 日課になるか »