« ショー的歌舞伎:新版舌切雀 | トップページ | 気がつけば…1年… »

2007年8月29日 (水)

私はトナラー

私は少し高さのある目印がないと、上手く車庫入れできない。だから、駐車場では2台の真ん中に駐めることにしている。真ん中が空いていないときは、誰かの隣に駐める。
これを嫌う人がいる。こっちはせっかく1台もいないところに駐めたのに、その隣に入れるんだよね、こんなに広いスペースがあるのに、なんでわざわざ狭いところに入ってくるんだ、と怒る。まあ、そういう駐め方をされれば、確かに車の出し入れでぶつけられやしないか、とか、ドアの開け閉めに気を使ったりはするわな。
どうして人の隣に駐めるのかと言われれば、私の場合は単に技術的な問題だけど、みんな、隣に誰かいないと不安なんじゃないの? いや、私も、ほんの少しは誰かにすり寄っていたい気持ちがあるのかも…。 

こういう人をトナラーと言うんだそうだ。案外多くみかけます。

|
|

« ショー的歌舞伎:新版舌切雀 | トップページ | 気がつけば…1年… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

非常に身勝手な考え方ですね
車を傷つけられたくない、2ドア車なのでドアを広く開けなければいけないなど隣を空けて止めている人には理由があります。

目印がないととめられないほど運転が不得手なら免許を返納してください。
僕はあなたのような人たちにドアを凹まされ傷をつけられ非常に迷惑を被ったことがあります。
お願いだからもう車に乗らないでください。

投稿: トナラー嫌い | 2016年11月23日 (水) 22時29分

トナラー嫌い様
ご意見ありがとうございます。
ご安心ください。私はもうとっくの昔にトナラーを卒業し、今は遠くても車のいない場所に駐車しています。
こんなに前の記事をお読みくださってありがとうございました。

投稿: SwingingFujisan | 2016年11月24日 (木) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショー的歌舞伎:新版舌切雀 | トップページ | 気がつけば…1年… »