« チャレンジシアター:猫と針 | トップページ | 胸キュンな鉄道 »

2007年8月30日 (木)

それでも1人盛り上がりの世界陸上

日本人選手は惨敗だなあ。あっちも痙攣、こっちも痙攣かよ~。中には自己新をマークした選手もいる(それでも世界には追いつかない)が、大半は調整に失敗したんだろうか。あるいは予選通過がいっぱいいっぱい程度の力しかないのか・・・
その中で一番ガッカリしたのは澤野(棒高跳び)だ。今日、唯一期待していたのに、戦わずして終わってしまった。無理に踏み切ってはみたものの、跳ぶこともできず、落下した姿は痛々しい。いやそれ以上に情けない。何やってるんだ、と言いたい。言いたいけれど、非難するのは簡単だけれど、しかし不甲斐なさを一番痛切に感じているのは澤野自身に違いないのだ。精神的にも肉体的にも(パリ大会では決勝に進む権利を得ながら、直前の練習でケガ、決勝を棄権)、もっともっともっと逞しくあれ!!
しかし、決勝ともなるとさすがに見ごたえあるなあ。男子200でタイソン・ゲイの疲労を押し切った大会新(!)での2冠目に興奮したと思ったら、男子走り幅跳びのすんげえバトル。イタリアの選手(仕事しながら見てたから、名前、忘れた・・・)が優勝を確信してはしゃぎまわった直後、パナマのサラディノがそれを超える8m57の跳躍。イタリア選手も脱帽、って感じだった。
世界新も出ないし、客の入りも悪くて(競技の時間帯が悪すぎるんじゃない?)、あまり評判はよろしくないようだけれど、それでも世界一流のアスリートの競技を見られるんだから、私は1人でそれなりに盛り上がっている。だけど、十種競技は全然TVでやらないなあ。

おまけ1:最近の女子選手は美人が多いですなあ。美しく逞しい筋肉に美しい顔。女の私だって、ステキだなあと見とれる。カメラ小僧の注目が陸上に移ってきているらしい。
おまけ2:走り幅跳びの砂場が小さく見える。9mも跳ぼうかという選手にしてみれば、着地で外に出てしまうんじゃないか、って怖くないかしら。

|

« チャレンジシアター:猫と針 | トップページ | 胸キュンな鉄道 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャレンジシアター:猫と針 | トップページ | 胸キュンな鉄道 »