« 私はトナラー | トップページ | チャレンジシアター:猫と針 »

2007年8月30日 (木)

気がつけば…1年…

ブログを始めて1年が経った。
と、<決め>たかったのだけど、なんとおマヌケなことに、1年目が終わってからもう1週間も経ってるじゃないの!! 恐る恐るブログを始めたのは昨年の824日。てっきり29日だと思い込んでいて、確認もせず、歯痛を抱えながらの芝居芝居芝居で、あああ、本当に私って!!!


振り返れば、色々な方の楽しい歌舞伎レポを拝見して、私もそんな風に書けるといいな、と思ったのがきっかけだった。ところがなかなか簡潔で洒落た文は書けず、独善的でクドクドしい文になってしまう。歌舞伎の見方にしても、他の方がいいとおっしゃっているものが私にはピンとこなかったり、その逆もあったりで、自分の見方は間違っているんじゃないだろうか、と自信のないことおびただしい。

でも、やがて、こう思うことにした。自分は自分以外の何者でもなく、他の人になれはしないのだ。そうであれば、自分の考えを自分の記憶のために残しておこう、と。そう考えるようになってからは、気が楽になったけれど、一方で、そんな日記のようなものを多くの方に読んでいただいていいのだろうかという疑問も絶えずつきまとっている。それなら公開しなければいいようなものだが、どういうものか、自分の書いたものを読んでいただける喜び、というものが芽生えてしまった。もうブログなしの生活なんて考えられない。私って、こんな自己表現したがりだったのか、と自分でも驚いている。

浅田次郎の「女王の館」という小説で、ある小説家が、天の啓示が下りたかのように素晴らしい文を次々に綴っていくというシーンがある。羨ましい話だが、書きたいことがすらすらとほとんど手を加える必要もないような文になって脳に浮かぶことが、私にもたまにはある。その逆は、もちろん、しょっちゅうである。芝居を見たのに、書きたいのに、何を書いていいかわからず呻吟するのはつらい。そういう時は、その芝居に感激していないのかもしれない。

文というのは怖い。その人の人間性が現れるからだ。私など、まったくもって我儘かつイヤミな人間だなあと自分でも思う。それだけに、自分の書いたものが多くの方の目に触れることを恐ろしく感じることもある。でも、やっぱり私は我儘でイヤミな私のまま、今後もこういう文を書き続けていくのだろう。


最後になりましたが、多くの皆様に拙い文を読んでいただき(
24日推定で53,000
件超のアクセスをいただいております)、またコメントをお寄せいただいて、本当に有難く嬉しく存じておりますこと、遅ればせながら、ここに御礼申し上げます。今後もお読みいただければ、こんなに嬉しく励みになることはありません。

Calligraphy1_2

大袋に数多の物を詰込んで

持たんとすれど能はざりけり







Calligraphy2_2

小袋に持ち得る物をつゝましく

納めて軽々運び去りけり







私の文字ではありませんが、文を書くのもこういうことかな、と。私の場合は大袋になってしまいがち…

|

« 私はトナラー | トップページ | チャレンジシアター:猫と針 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログやHPなどって、気がつかないうちに
しらずに1周年などって
よくむかえていまう事が多いですよね。

申し遅れました。

私は【おとなのコラム】【おとなのアート】というサイトの運営スタッフです。
ここで、読者の方々からお送りいただくコラムなどの書き物やアート作品を毎週掲載しています。
そして、楽しい、素敵な文章を書く方、アートを描く方を日々探しています。

もし宜しかったらサイトに遊びにきていただけませんか?
お待ちしています。

簡単ですがご挨拶です。
失礼いたしました。

投稿: おとなのスタッフ | 2007年8月30日 (木) 14時18分

大人のスタッフ様
ありがとうございます。楽しそうなサイトですね。

投稿: SwingingFujisan | 2007年8月30日 (木) 15時23分

ブログ一周年おめでとうございます。
年々1年が短く感じる今日この頃です(^^; この間と言いながら、よぉ~く考えてみると2年くらい前の話だったりします(笑)先日も、久しぶりに会った友人達と話していて、知り合ったのが10年前というのにも、5年ぶりに会った人もいるというのに「えぇ~?!そうだっけ!」とビックリ(爆)

お芝居の感想は、たぶん、SwingingFujisanさんとは違うことが多いように思いますが(^^;、わたしも高齢の親がいますしフリーで仕事をしているので、共感を覚えることもとても多いです。これからも読ませて頂くのを楽しみにしております。(^^)

投稿: kirigirisu | 2007年8月30日 (木) 16時34分

kirigirisu様
ありがとうございます。
まったく最近、ぼんやりしていると、あっという間に日が経ち、仕事の締め切りのことなど考えたら焦りまくってしまいます。
色々な方の色々なご意見を拝読するのは楽しいことです。自分と同じ感想であれば、うんうんと思うし、違えば、なるほどそういう見方もあるのか、と逆に頷かされることもあります。
kirigirisuさんの感想も楽しく拝読しております。そして、高齢の親、フリーランスという共通項で、勝手ながら密かに励まされる気持ちでおります。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: SwingingFujisan | 2007年8月30日 (木) 17時26分

一周年おめでとうございます。
SwingingFjisanさんの感想、いつも楽しみにさせていただいているんですよ。私はいつも感想にもならないものを書き散らしていますが、SwingingFjisanさんはいつも詳細に書かれていて感心しきり!です。読ませていただいて、あー私が文章にできなかったことを書いてくださってる!とか気付かなかったー!と思うことしばしば。
ちなみに私も高齢の親+フリーランス、ということで(^^;(kirigirisuさんに便乗しちゃいますが)そういうところでも共感する点が多いです。
これからも楽しみにしております。よろしくお願いいたしますね。

投稿: mami | 2007年8月31日 (金) 00時06分

mami様
ありがとうございます。私はいつも詰込みすぎますので、何とかもっと簡潔に書けないものかと、悩んでおります。ですので、そうおっしゃっていただくと、大変嬉しく、励みにもなります。
そして、mamiさんとも高齢の親、フリーランサーの共通点(お仕事のお話も、興味深く拝読しております)。心強い思いがいたします。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: SwingingFujisan | 2007年8月31日 (金) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私はトナラー | トップページ | チャレンジシアター:猫と針 »