« 雲の中の東京 | トップページ | 空中庭園(?) »

2007年6月11日 (月)

深夜のスタンディングオベーション

今シーズン初めてF1を見た。風呂から出てTVをつけたらたまたまやっていて、ああカナダか、コースを囲む水がきれいだなあ、カナダ行きたいなあ、などとレースとは関係ないことを考えながら見ていたら、セーフティカーが入っていて、何があったのかしら、とそこで初めてレースのことを考えた。70周の残り46周あたりだった。原因はわからなかったけど、そのセーフティカーがいなくなって間もなく、1台のマシーンがクラッシュした。ヘアピンでぶつかって、そのまま横になりながら壁に激突。かなりすっごいクラッシュで、ドライバーの安全が心配されたが、骨折ですんだらしいと後でわかった。カーレースって、正直言えばどこかで激しいクラッシュを期待する気持ちもないではないが(もちろんドライバーは無事であってほしい)、本当は無事故で激しいバトルを演じてくれるのが一番面白い。
今回のレースはセーフティカーが4回も入り、完走12台というサバイバルだったが、ついつい最後まで見てしまったのは、佐藤琢磨の頑張りのおかげである。不運なピットイン・タイミングはあったけど、残り3週でラルフを抜き、2週であのアロンソをも抜いたときには、思わずスタオベしちゃったです。6位入賞とは、琢磨の成長ぶりに嬉しいオドロキだ(なんたって、私の記憶では、ほとんどいつもリタイア1番手っていう感じだったから)。ただ、抜いたラルフはトヨタ、完走車中最下位のバリチェロはホンダ、日本人としては複雑な気持ちもある。
優勝はハミルトン。6戦目にして初優勝だけど、ここまで5戦全部表彰台だっていうんだからスゴイ。22歳と150何日かの初優勝は史上4番目の若さだそうだ(アロンソが1位)。しかしF1は去年もあまり見なかったし、その間に世代交代がずいぶん進んだんだなあ。その反面、バリチェロやクルサードがまだ出ているんだぁという感慨も覚えた。
ちなみに、私の部屋の天井近くには、アイルトン・セナが遠くを見つめているステキなポスターが貼ってある。
ああ、又空が明るくなってきた。もう寝ます。おやすみなさ~い。

|

« 雲の中の東京 | トップページ | 空中庭園(?) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雲の中の東京 | トップページ | 空中庭園(?) »